初心者必見!家庭教師のバイトを始める前に注意しておきたいこと

1コマの時給は高いが、予習復習に時間がかかる

「家庭教師」のアルバイトと聞くと、「1コマ90分で1500円」など、高時給のイメージを持っている人も多いと思います。ただ、家庭教師のバイトは1コマの時給は高いですが、授業時間以外でも予習復習や授業計画の準備など、授業以外の給料が出ないものにかかる時間も多いです。そのため、授業の準備内容によっては、他のバイトをするよりも時給換算で計算すると、給料が低くなってしまう場合もあることを頭に入れておく必要があります。

期間が決まっている場合が多く、安易に辞められない

「家庭教師」のバイトの注意点として、バイトの期間が決められていることが挙げられます。バイトの契約をするときに、例えば、「一人の生徒に1年間教える」という契約をすると、その生徒には1年間は教えなければならず、嫌だからといって安易に辞めることができません。飲食店や工場でのバイトなどの他のバイトは比較的簡単にやめることができますが、「家庭教師のバイトは契約期間に縛られる」ということを知っておく必要があります。

個人契約をするときは要注意!

家庭教師の派遣会社では個人契約は禁止されていますが、運よく個人契約してもらえる家庭に出会った時にはメリットも大きいですが、注意も必要です。例えば、雑用がない・交渉次第では高時給などのメリットはありますが、派遣会社経由での契約では教材などは指定されている場合が多いですが、個人契約では自分で教材を決めなければならなかったり、なかなか生徒が見つからないなどのデメリットも多いです。個人契約をしようという人は注意が必要です。

家庭教師のバイトは大学生の間でとても人気があります。時給も高く、生徒の成長も見れるので、とてもやりがいがあります。