ここだけは押さえておいて!信用取引の意外な落とし穴

信用取引は有用な一方で厳しい資金管理が求められる

証券会社に委託証拠金を預け、それを元手に借りた資金や株式で取引を行うのが信用取引です。資金の3倍までの取引を行うことが可能である点、借りた株を売ることから始められるという点から、投資家が利益を得るチャンスを大きく広げてくれる大変有効な取引です。しかし、空売りには理論上損失の際限が無く、損失額も大きくなる可能性があるため、その運用は慎重を期す必要があります。裁量トレードで厳密なリスク管理を怠ると、損失が委託証拠金を大きく棄損することで生じる「追証」の発生を招いてしまいます。

信用取引には金利がかかる

信用取引を初めて行う人が陥りやすい落とし穴として、金利の支払いがあります。空買いの場合は証券会社から資金を借りるという形をとるため、借金と同じく金利がかかるという仕組みは理解されやすいと言えます。しかし、信用取引の醍醐味でもある空売りの場合にも金利がかかってくるので、その点はしっかり把握しておきましょう。信用取引を初めて行った場合は、損失の恐怖に耐え切れずに小利が出た段階で即利益確定してしまう人が多く、金利を勘定に含めると、結果損しか出なかったということが多々あります。常に金利まで見込んだ状態で、利益と損失がいくらになるのかを考慮する必要があります。

信用取引の中には期限があるものがある

信用取引は金利があるため、個人投資家の場合は長期間保有することは良くないとされます。一方で、信用取引の中には返済を迫られるものもあるため、注意が必要です。主に「制度信用取引」と呼ばれる証券会社が指定した銘柄で行われる信用取引は、取引を始めて6ヶ月で強制的に手仕舞いさせられます。投資家を保護するために設けられた措置でもありますが、将来的にどのように利益が見込める銘柄であったとしても、返済期限を超えて保有し続けることはできないため、途中で反対売買を行うなどの上手な管理が求められます。

信用取引とは株式投資における取引の一つです。担保を出すことで、持っているお金以上の金額を投資することが出来ます。