我が家にぴったり?納得の火災保険の選び方

我が家に必要な火災保険のポイント

火災保険にいざ加入と思っても、いまいち内容が把握できていない場合が多いですよね。建物のタイプによって保険料も変わりますし、どれでも同じと考えると、不要な補償までつけてしまいがちです。保険会社によって補償内容を選べるタイプもあります。例えば水災は、住まいが高台等で床下・床上浸水のリスクが低い場合は外して加入したほうが保険料が安くなります。火災の部分だけではなく、実は補償内容は多種多様に含まれている場合があります。オプションであるのか主契約に含まれているのか、火災保険の内容をしっかりと把握したうえで納得できる加入先を選ぶようにしましょう。

役に立つ内容であるか確認しましょう

現在はほとんどの火災保険が、再調達価格での契約になっています。以前は時価額での設定があり、経年劣化により価値が下がる分を保険額に反映していました。少ない保険金額を受け取っても、元の状態にもどせませんね。このような問題を解決してくれたのが、再調達価格です。新築時と同等の物が購入できる金額を受け取る事ができます。住宅ローンを利用している場合は、再調達(新価)での契約は必須ですよね。万が一、隣家からの延焼による火災は、自分の火災保険からしかおりません。自分の家は自分で守らなければならないのです。

補償内容は会社によって違いがあります

用意されているオプションを全て付けてしまうと、当然保険料も高くなります。主契約に含まれる内容は各社同じではありませんので、一社だけで検討することは避けて数社からの見積もりをとり、検討したいものです。家の立地条件や、環境のリスクを考え必要なプランを備えましょう。注意したいのは、不動産会社から勧められるがままに保険を選ばないようにしましょう。手間が掛かっても必要な内容に絞る事で、保険料も安くすることができます。

火災保険は、建物や自分の資産に対する保険です。火事になった場合に、建物や資産に対して金銭的な補償をしてくれます。