何が一番安全なの!?いろいろある資産の運用先

次々と現れる資産の運用先

一昔前は、FX、そして昨今はバイナリーオプションや不動産投資の民泊など色々な資産の運用先が生まれてきています。そのため、昨今は自分の財産の運用先は非常に増えてきていると言えるでしょう。これだけ増えると、どれが一番安全なのかという観点から、運用先を選ぶのが無難と言えるのではないでしょうか。資産運用で大事なのは儲けも大事ですが元本の保全も大事なのです。どのような運用先が安全で安定的かここでしっかりと抑えておきましょう。

資金の流動性が低いのはNG

まず、初心者ほど資金の流動性が比較的高い投資先に運用をすべきでしょう。この点から、日本の不動産は除外されるべきです。確かに昨今は不動産を購入したり、あるいは他人に貸し付けたりすることで副収入を得ることができるようになってきています。しかしながら、やはり家賃収入などは期待できも物件そのものを売るとなると購入者が居なくてはなりません。しかし、株式やFXならともかく不動産となると買い手が現れないのはしばしばあり得ることです。売りたい時に売れない物に投資をしていれば元本を回収できないため不動産はリスキーと言えます。

株やFXならどうか?

株式やFXならばどうでしょう?両者とも流動性はかなり高く、株式の場合ですと流動性の低い銘柄でも一日に数億円の流動性はあります。FXはもっと膨大です。しかし、株式とFXを比較した場合、圧倒的に株式の方がやりやすいと言えます。これはどうしてかというと、株式は企業そのもののリサーチで済むこともあります。しかし、FXの場合は市場参加者の思惑はもちろん、国家のマクロ経済まで勘案しなければなりません。かの、ジョージソロスは為替で大儲けしたことで有名な投資家ですが、その彼でさえ為替の予想は非常に難しいと言っているのです。

金の先物の相場の値動きは、流動性が高いことが知られており、本格的に投資先を見つけるうえで、仲介業者のサポートを受ける価値があります。