弁護士事務所による過払い金のCMが多い理由とは?

過払い金のコマーシャルの実態とは?

夕方の食事時にテレビを見ていると、弁護士事務所がテレビコマーシャルをやっているのを見たことがある人もいるのではないでしょうか。一昔前では弁護士事務所がテレビコマーシャルを行うことはまずありませんでしたが、弁護士を何十人も抱えるような大きな事務所ではテレビコマーシャルを積極的に行っているのです。その背景には弁護士の数が増えてきているということと、それに伴い過払い金の仕事がとても大きな仕事だからという理由があるのです。

そもそも過払い金ってなに?

そもそも過払い金とは、消費者金融やカードローン会社からお金を借りた時に余分に支払った金利のことを言います。かつては、年間で金利が29.2パーセントを上限としていましたが、それでは高すぎるということで法律が改正されて上限を20パーセントにしたのです。その差額が過払い金になると言うことですね。もちろん今返済中で過去には過払い金が発生している場合やすでに完済しても過去に過払い金が発生している場合に弁護士を利用して過払い金請求ができるということです。

意外と多い過払い金の債権者

過払い金を請求できる人、つまり過去に過払い金を支払っていた債権者は全国に200万人前後いると言われていますので、仕事の割には人数が多くなっている弁護士業界の中ではとびきり大きな仕事なのです。そこで、大手事務所はそこに真っ先に目をつけて過払い金について日々勉強会を開いて過払い金専門の弁護士を育成しているのです。しかも過払い金は期限があります。完済している場合には完済時から10年間で請求できる権利が消滅してしまうのです。そのため、できるだけ債権者を呼びかけて仕事をとろうとしているわけです。

鹿児島の弁護士は様々な案件を解決している実績を持っていますので、様々なトラブルの場合に頼りに出来ます。